Sunsnine&Go

現在フリーターをしながらポジティブに人生を模索している20代男のブログです。

東京旅行で超絶肌荒れをして田舎の良さがわかった

 

こんにちは にーちぇです。

 

先日3日間ほど東京に行ってきました。1年ぶりくらいの東京だったんですが、やっぱり都会っていいもんですね。 いろいろと刺激を受けます。

 

行くところはたくさんあっていろんな人もいて魅力的な街だけどやっぱり気になることが・・・

 

 

 

そう、空気が臭い。

 

いつ来ても東京の空気の臭さには慣れません。

 

ド田舎出身の自分としては空気の澄み具合が明らかに違うのがわかるんですよね。

 

よくみんなこんなところで生活してるなーと。

 

 

そして僕は東京に行くたびに肌が荒れる・・・・(*´Д`)

これは絶対に空気が悪いせいだ。そうに違いない・・・・!

 

東京はキレイな人がたくさんいるけどみんな肌とか荒れたりしないのかなあ?なんて思っているとやっぱりそれなりに荒れるみたいですね。。

 

 

 

こんなデータが。

 


東京と秋田の日照時間を比べたデータ。(秋田県は「秋田美人」と言われるように美人が多い県と言われる)

5月から10月にかけての半年間は秋田の方が長く、11月から4月までの半年間は東京の方が長い。それぞれの地方が相手方を上回る日数はあまり変わらない。だが、どれくらいの差があるかとみると、秋田の日照時間が東京のそれを上回るときの最大差が月間53時間(6月)なのに対し、東京が秋田を上回るのは12月~2月の3カ月間で毎月100時間以上になる。特に、1月は148時間と、ぬきんでて東京の方が日照時間が長い。

 


 

日照時間とは逆に11月以降の降水量は格段に秋田の方が多くなる。11月~1月は東京の2倍以上、特に12月は3倍以上。

 

 

秋田の平均湿度は50パーセント以上。厚生労働省が定める「適度な湿度を保つ」と挙げる湿度は50~60%。秋田は湿度の面では及第点といえる。一方、東京は平均し30%、もっと低い日も多い。東京はここ20年で平均湿度が20パーセント近く下がった。

 

 

 

 

日照時間が長いほど紫外線などの影響が肌に出るのはもちろん、降水量も少なめだと必然的に乾燥もしますよね。

東京は排気ガスや化学系スモッグの排出もあるしお肌には最悪な環境なのかもしれないです。。。

 

こうなるとたまたま少し東京に滞在したときにも肌が荒れるのは納得かも・・・

 

 

 

 

 

そんな東京在住者の方はどうすればいいんでしょう??

①加湿機能付きのエアコン(空気洗浄機)を買う

 そのなかでも最も勢いがあるのが「ダイキン工業」のエアコン。他メーカーに先駆けて最新製品を開発。

②加湿器を買う

 最近では超音波式やハイブリッド式などいろんな種類やデザインが出てるみたい。

 ちなみに藤原紀香さんは加湿器で湿度を上げることで体感温度を上げて冬場の乾燥か

 らお肌を守ってるらしいです。

③マスク(加湿濡れマスク)を買う

④メイクの上からでもつけられる化粧水を買う

 

こんな対策をしましょう。  加湿器なんかすぐ買えない・・・って方はマスクだけでも十分効果はあると思います。

ちなみに僕は乾燥がひどいときはマスク+炭酸化粧水(アジュバンのFOGUSUI)をつけていました。これがまた効果があるのなんの!!

 

 

これはほんとにオススメです。

 

 

 

 

 

東京にずっと住んでる人は田舎にも1回住んでみてほしいなあ。

きっと変わることがいっぱい(^^♪  まだ東京で消耗してるの?

  にほんブログ村 美容ブログ 美容情報へ
にほんブログ村